スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
『のだめカンタービレ』第10話の予習☆
「波乱のコンクール!告白と涙の最終章!!」

(あらすじ)
のだめ(上野樹里)は、「マラドーナ・ピアノコンクール」に出場した。このコンクールで優勝して、千秋(玉木宏)を追いかけてヨーロッパに留学する、というプランを立てていたのだめは、かろうじて二次予選を通過し、本選への出場権を手にする。
一方、千秋は、R☆Sオケのクリスマスコンサートが終わったらヨーロッパに留学することを決意していたが、まだそのことをオケのメンバーには言えずにいた。
そんな折、千秋の元に、高橋(木村了)というヴァイオリン奏者が現れ、いきなりR☆Sオケのコンマスにしてほしい、と言い出す。高橋は、昨年のブッフォン国際ヴァイオリンコンクールで3位になったという男で、先月、パリ留学から帰国したばかりらしい。清良(水川あさみ)よりも自分の方が上手い、と自信満々に言い切った高橋は、千秋たちの前で演奏を披露した。その演奏は見事なものだった。
同じころ、江藤(豊原功補)の家で合宿を続けていたのだめは、本選に向けて練習を開始する。が、たった2日で、丸々2曲を仕上げなければならない状況だった。のだめが本選に出場できると思っていなかった江藤は、何の準備もしていなかったのだ。
のだめは、完成度よりもテクニックをアピールできる、という狙いで江藤が選んだシューマンの「ピアノ・ソナタ第2番」とストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」に取り掛かるが…。
(フジテレビHPオンエア情報より引用)


ドラマのだめもいよいよ大詰めですね。残すところあと2話となってしまいました〜。

千秋についてヨーロッパに行きたい一心でコンクールに挑戦したのだめ。その努力は報われるのか?! いかなる結果が待ち受けているのでしょう。
とりあえずコンクールの成績は次回結果が出ると思います。その結果を受けてのだめと千秋がどう行動するかがドラマのクライマックスですね。

R☆Sオケの方も千秋がヨーロッパ行きを決めたことによって変化を余儀なくされますが、峰をはじめオケのメンバーたちもどんな成長を見せてくれるのでしょう。こちらも楽しみです☆

『のだめカンタービレ』あらすじ | 00:19 | comments(11) | trackbacks(139)
『のだめカンタービレ』第9話の予習☆
「コンクールVS留学!決断は別れの予感!?」

(あらすじ)
のだめ(上野樹里)にかけられた催眠術によって飛行機恐怖症克服のきっかけをつかんだ千秋(玉木宏)は、龍太郎(瑛太)とともに飛行機で北海道に向かった。龍太郎を誘ったのは本当に一人で飛行機に乗ることができるかどうか、まだ確信が持てなかったからだ。
その頃、R☆Sオーケストラの初公演は新聞にも取り上げられるなど大きな話題を集めていた。
さっそく次の公演に向けて動き出した真澄(小出恵介)は、オケのメンバーに連絡を取る。コンミスの清良(水川あさみ)はもちろん、黒木(福士誠治)や菊地(向井理)、木村(橋爪遼)もやる気満々だった。
一方、のだめは、江藤(豊原功補)の家に寝泊りしてピアノの特訓を受ける。のだめは、マラドーナ・ピアノコンクールで優勝し、その賞金で千秋とともに留学するつもりでいた。
大量のカニを土産に北海道から戻ってきた千秋は、龍見(伊武雅刀)からのだめのことを教えられ、江藤の家まで様子を見に行く。しかし千秋は、江藤の妻・かおり(白石美帆)に土産を渡すと、のだめに会わずに帰ってしまう。
数日後、R☆Sオケが12月25日にクリスマス公演を行うことが決定する。が、入団希望者のオーディションや公演のための選曲など、やらなければならないことが山積していた。
そんな折、千秋は、「クラシック・ライフ」の記者・けえ子(畑野ひろ子)から、シュトレーゼマン(竹中直人)が来日中にホテルから姿を消したことを教えられる。
(フジテレビオンエア情報より引用)


次回は千秋が飛行機恐怖症を克服できたかどうかの確認のために北海道に飛びます。
なぜか峰も一緒みたいですね。自称千秋の親友だから当然なのかな。
原作では千秋は母方のいとこ俊彦くんを道連れにして飛行機に乗るのですが、ドラマでは峰になったようです。でも千秋と峰のコンビって面白くてもっと見たいと思っていたのでうれしいです♪

かたやのだめもようやく本気を出してくれたようで、江藤の家で合宿レッスンを決行します。
江藤妻役で白石美帆さんが出演されるのも興味深いですね。
またまた『電車男』つながりということでしょうか。楽しみです☆

どうやらミルヒーもまた日本にやって来るみたいだし。
第9話も見どころ満載のようで月曜日が来るのが楽しみです♪

のだめ公式HPのフォトギャラリーが更新されてました(12月8日UP)
清良のカイ・ドゥーン師匠も登場してますnextPhoto Gallery vol.18
『のだめカンタービレ』あらすじ | 00:38 | comments(0) | trackbacks(5)
『のだめカンタービレ』第8話の予習☆
「新星オケ初陣!トラウマ克服に揺れる恋」

(あらすじ)
千秋(玉木宏)は、メンバーそれぞれが出場しているコンクールが終わるまで、R☆Sオケ(=ライジングスターオーケストラ)の練習を中止にする。
一方、のだめ(上野樹里)は、江藤(豊原功補)とともに取り組んでいたオリジナル曲『おなら体操』を遂に完成させた。すると、いきなりのだめに大量の楽譜を渡し、その中から曲を選ぶように命ずる江藤。江藤は、のだめを『マラドーナ・ピアノコンクール』に出場させるつもりなのだ。
そんなある日、桃ヶ丘音大にR☆Sオケのオーボエ奏者・黒木(福士誠治)がやってくる。のだめに恋をしてしまった黒木は、“のだめのイメージにぴったり”と、すずらんの鉢植えをプレゼントに持ってきたのだ。
それを知った真澄(小出恵介)は、のだめは黒木が思っているような女性ではない、と力説。まったく信じようとはしない黒木だったが、食事も取らずに指揮の勉強に没頭している千秋のために、ウナギを買いにやってきたのだめにばったり出くわし、のだめが千秋に思いを寄せていることを知る。大きなショックを受ける黒木。
コンクール当日、控え室で順番を待っていた黒木は、のだめのことを考えていて、水に浸けておいたリードを取り出し忘れる。水に浸け過ぎたリードはもう使えなくなっていた。黒木は、代わりのリードで出場するが、結果は散々なもの。
一方、清良(水川あさみ)も、寝違えたせいでコンクールでは満足な演奏が出来ず、2位入賞に終わり…。
(フジテレビHPオンエア情報より引用)


前回の第7話で何を勘違いしたのかのだめを好きになってしまったらしい黒木くん。
原作では千秋が黒木くんにのだめの本性を教えるのですが、ドラマでは親切にも真澄ちゃんが黒木くん救済に乗り出してくれるようです♪

そしてそして、もうR☆Sオケのデビュー公演やっちゃうんですね〜。
千秋(と峰)とオケメンバーの気持ちがすれ違ったままで前回ラストを迎えましたが、デビュー公演に向けてどのようにまとまっていくのか?! それも見どころですね☆

のだめ公式HPのフォトギャラリーが更新されてます(12月1日UP)
第7話からの未公開写真が満載です♪nextPhoto gallery vol.16
『のだめカンタービレ』あらすじ | 23:51 | comments(0) | trackbacks(3)
『のだめカンタービレ』第7話の予習☆
「新オケ始動!すれ違う恋に波乱の予感!?」

(あらすじ)
のだめ(上野樹里)の担当教師が、落ちこぼれ専門の谷岡(西村雅彦)から、エリート学生担当の江藤(豊原功補)へと変更になった。江藤は、のだめと千秋(玉木宏)が連弾していたラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を偶然耳にし、自らのだめの担当を申し出たらしい。
しかしのだめは、ハリセンを振り回して怒鳴りまくる江藤の高圧的な態度にキレ、彼のハリセンを奪ってへし折ると、練習室を出て行ってしまう。
一方、千秋は、清良(水川あさみ)の提案を受けて新たに結成したオーケストラのメンバーと、飲みに出かける。そのオケには、森光音大のオーボエ奏者・黒木(福士誠治)やボストン留学から一時帰国したチェリストの菊池(向井理)ら、コンテストの常連でもある他大学の有名な学生が集まっていた。
千秋と清良以外で桃ヶ丘音大から参加することになったのは龍太郎(瑛太)、真澄(小出恵介)、桜(サエコ)。龍太郎と桜は、Aオケに入るという千秋から提示された条件をクリアし、オケへの参加を許されていた。
その飲み会の席で、千秋は、モーツアルトの「オーボエ協奏曲ハ長調」をやろうと皆に提案する。ソリストはもちろん黒木だ。
そんな中、千秋は、のだめの様子がいつもと違うらしい、と龍太郎に教えられる。龍太郎の父・龍見(伊武雅刀)からの情報だった。不安を覚えて帰ろうとする千秋だったが、オケのメンバーに引っ張られて、二次会に行く羽目になってしまう。
(フジテレビHPオンエア情報より引用)


ドラマのだめももう第7話まできてしまいました〜!
最終回までのオンエア回数を数えると寂しくなってしまうのでやめときます(笑)

サブタイトルに“すれ違う恋”とありますが、コレって誰と誰のことぉ?!
たぶんのだめと新オケメンバーの黒木くんのことだと思うんだけど。
いや、のだめと千秋のことかな?! それとも峰くんと清良かな?! もしかして千秋と真澄ちゃんのことだったりして〜♪ まさかね。
そちらの方も要チェックです〜☆

次回はのだめも活躍?!してくれますよ〜。
第6話のラストでのだめとハリセン江藤が顔を合わせていましたが、このあとがモンダイなのです!
あらすじでもおわかりのように、いつもフニャフニャしてるのだめがハリセンにキレます!!
原作ののだめのキレ具合もかなりのものなので、ドラマの樹里ちゃんがどんな感じであの“ハリセン”をへし折ってくれるのかがもう楽しみで。期待してますっ!

そして、新オケの初飲み会も気になります〜。
6話では最後の方にちょっとしか出演シーンがなかった新オケメンバーくんたちの活躍に期待しましょう♪
新オケの練習も始まりますよね。きっと☆
となるとまたオケのシーンが見れそうで楽しみです〜!!

のだめ公式HPのフォトギャラリーが更新されてました☆
第6話からの特選ショット満載です!nextPhoto Gallery vol.14
『のだめカンタービレ』あらすじ | 21:55 | comments(0) | trackbacks(5)
『のだめカンタービレ』第6話の予習☆
「さらばSオケ!!涙の解散式&愛の2台ピアノ」

(あらすじ)
のだめ(上野樹里)は、満足に食事も取らず一心不乱にピアノの練習をしていた。桃ヶ丘音大の学園祭で、シュトレーゼマン(竹中直人)が指揮するAオケとともにラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を弾いた千秋(玉木宏)のピアノ演奏に衝撃を受けたからだった。
同じころ、千秋は、とあるホテルのスイートルームで目を覚ます。千秋は、学園祭のあと3日3晩、遊び歩くシュトレーゼマンに連れ回されていたのだ。そこにシュトレーゼマンの秘書エリーゼ(吉瀬美智子)が現れ、シュトレーゼマンのドイツ帰国を千秋に告げた。
ある日、千秋は、クラシック専門誌「クラシック・ライフ」の記者・けえ子(畑野ひろ子)に呼び出され、音楽評論家の佐久間(及川光博)を紹介される。佐久間は、学園祭で千秋の演奏を聴いてすっかりファンになってしまったのだという。しかし千秋は、飛行機恐怖症が原因で海外留学できない千秋の事情も知らずに勝手に盛り上がっているけえ子たちに腹を立て、席を立ってしまう。
そんな折、千秋の部屋にやつれ果てたのだめがやってくる。のだめは、学園祭以来、ずっとラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を練習していたのだという。千秋は、そんなのだめに食事を与えると、彼女を大学に連れて行く。 
レッスン室に向かった千秋は、自らピアノでオケのパートを担当し、のだめにピアノを弾かせた。その演奏を偶然耳にした江藤(豊原功補)は、ある決断をするが…。
(フジテレビHPオンエア情報より引用)



ミルヒーも本当にドイツに帰国し(最後にまたなんかやらかしたみたいですが・・・)
ドラマのだめもついに後半に突入です。

第5話の最後の方、真澄ちゃんと清良が話してるシーンで清良の「ちょっといろいろ考えてて」というセリフがありました。
その“ちょっといろいろ”っていうのがR☆Sオケのことだと推察されるのですが・・・

原作では清良は桃が丘音楽大学の学生ではありません。
ミルヒー・のだめ・千秋・峰・真澄ちゃんが夏休みに参加した“ニナ・ルッツ音楽祭”で初めて千秋と知り合うことになってます。
その音楽祭に参加していた学生たちに清良が声をかけ、新しいオケを作らないかと千秋に持ちかけてR☆Sオケが発足するという展開です。

ドラマではこの“千秋率いる新しいオケ”がどういう経緯で結成されるのかとても興味シンシンです☆
そして原作ファンにはお馴染みのオーボエ黒木くん役でNHK「純情きらり」にも出ていた福士誠治くんが来週から登場するということで、これまたナイスキャスティングではありませんか!とっても楽しみですね♪

のだめ公式HPのフォトギャラリーが更新されてます(11月17日UP)
第5話の名シーン大公開デスnextPhoto Gallery vol.12
『のだめカンタービレ』あらすじ | 01:52 | comments(0) | trackbacks(4)
『のだめカンタービレ』第5話あらすじ
「さよなら巨匠!恋の学園祭オケ対決!!」

Sオケの初舞台から1週間が経った。のだめ(上野樹里)は、相変わらず千秋(玉木宏)に付きまとい、彼の部屋に入り浸っては勝手気ままな生活を送っていた。
一方、Sオケのコンマス・龍太郎(瑛太)は、Sオケのメンバーに、近々実施される学園祭で、仮装オーケストラで演奏することを提案する。
そんなある夜、千秋は、来日中のシュトレーゼマン(竹中直人)のことが海外でどのように伝えられているのか気になり、ネットで検索する。すると、シュトレーゼマンが失踪し、関係者から捜索願が出ている、というニュースが出ていた。
翌日、シュトレーゼマンから直接その真相を聞こうとする千秋のもとに、シュトレーゼマンの秘書兼マネージャーを名乗るエリーゼ(吉瀬美智子)が現れ、シュトレーゼマンを無理矢理連れ去ってしまう。が、エリーゼの手を逃れたシュトレーゼマンは、再び千秋の元に現れると、ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』の楽譜を渡し、学園祭で自分が指揮するAオケとピアノで競演して貰う、と告げる。
別の日、練習のために集まったSオケのメンバーがその話題で盛り上がる中、龍太郎は、千秋がSオケを裏切った、と腹を立てていた。千秋の代わりを指揮科の大河内(遠藤雄弥)が務めることになったSオケは、再び打倒Aオケを合言葉に、仮装の準備や練習を開始する。
そんな中、千秋は、エリーゼからシュトレーゼマンと理事長・桃平美奈子(秋吉久美子)の過去を聞く。
(フジテレビHPオンエア情報より引用)



ちまたでもシーズン真っ只中ということで、第5話は学園祭ですよぉ〜♪

来週やっと、シュトレーゼマンがこの音大にやってきた本当の理由がわかります。
そんなに深いワケがあったのかどうかは疑問ですが・・・単に日本のキャバクラが好きだからという理由じゃないんですよぉ、実は。

第4話でミルヒーの携帯にかけてきた“謎の金髪美女エリーゼ”ですが、わたしもあらすじ見てちょっと衝撃を受けました(笑) 携帯画面で見る限り外国の方だと思っていたので。しかし名前でお分かりでしょうが日本人のタレントさんでした。
吉瀬美智子さんという方で、最近では『電車男DX』で北村一輝さんの秘書役をされていた方だそうです。なるほど、ドラマのだめのスタッフは電車男のスタッフさんだということなので、そちらつながりのキャスティングなんですね。

学園祭でのSオケのパフォーマンスには今回もかなり期待してもらっていいと思います!
のだめはマングースの着ぐるみ(自作デス♪)着ちゃうし、真澄ちゃんはゴーカなドレス(こちらも自作)着ちゃうしで、かなり濃い〜ステージが繰り広げられそうです(笑)

そしてAオケには、千秋様がピアノでご出演です♪
今回はちゃんとミルヒーが指揮しますよ。ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』です。
わたしが原作を読んだときにいちばん聴いてみたいと思った曲なのです。その後CDで聞いたのですが、とっても美しい曲なんですよ(ウットリ)
しかし、原作の中でも千秋が「こんな難曲のピアノをオレが――!?」と言っているように、かなり難しそうな曲です。聴いている分には素敵なんですけど。
玉木くん、きっと練習大変だったでしょうね。 オンエア、心して見ますね☆

次回はさらにオケの演奏がたっぷり聴けそうでとても楽しみです〜!!

のだめ公式HPに気になる情報がUPされていました!
毎週月曜日の午後7時〜午後11時までの時間限定コンテンツで貴重なオフショットなどが見れることになったらしいのです。
詳しくはのだめ公式HPのこちらでご確認クダサイ♪nextTopics ♯14
『のだめカンタービレ』あらすじ | 00:26 | comments(5) | trackbacks(4)
『のだめカンタービレ』第4話あらすじ
「キス成るか!?感動の定期演奏会バトル!!」

のだめ(上野樹里)は、千秋(玉木宏)がSオケの副指揮者から正指揮者になったことを喜ぶ。
Sオケは、桃ヶ丘音大に特別講師として招かれた世界的な指揮者・シュトレーゼマン(竹中直人)が、龍太郎(瑛太)や真澄(小出恵介)、桜(サエコ)ら自ら選んだ学生たちで編成したオーケストラだった。しかし、行きつけのキャバクラで千秋が店の女の子たちにちやほやされたことに腹を立てたシュトレーゼマンは、Sオケを脱退し、Aオケを率いて定期演奏会で千秋と勝負する、と言い出したのだ。千秋は、SオケとAオケでは勝負にならないことを自覚しながらも、何とかこのチャンスを生かそうと決意する。
あくる日、さっそくSオケの練習に臨んだ千秋だったが、龍太郎率いるヴァイオリンチームがいきなりロックギタリストのような、クラシックにあるまじきアクションを披露。千秋は、そんな龍太郎たちを怒鳴りつけると、週明けまでに譜面通り出来るよう練習して来るよう言い渡した。
一方、のだめは、千秋のために彼の部屋にこたつを持ち込み、鍋料理の準備。初めてこたつを体験した千秋は、その魅力に抗えず…。
そんな折、構内に定期演奏会のポスターが貼られる。それを見て危機感を感じた千秋は、いままで以上に厳しい姿勢で練習に臨む。そのしごきぶりに、Sオケのメンバーたちは千秋への不満を募らせていく。それを知ったのだめは、千秋を助けるために、あることを思いつく
(フジテレビHPオンエア情報より引用)



原作にはないドラマ独自のシーンがあまりに違和感なくなじんで見えるようになってきた今日この頃。
改めて原作を読み返してみたら、第3話にもはしょられている部分がちょこちょこあるようです。しかし、わたしがドラマで見てみたいな〜と思っていた部分はすべて再現されていたので気になりませんでした〜。自己中心的でスミマセン。

第4話ですが、あらすじによると
シュトレーゼマンの突然の宣戦布告に受けて立つ決心をした千秋ですが、Sオケのあまりのまとまらなさにイライラは募るばかり。そこでのだめは千秋のために彼の部屋にコタツを持ち込み・・・という展開のようです。

そう来たかー。このコタツのエピソードは原作ではもっと早い段階(2巻です)に出てくるので、もしやすっ飛ばされちゃったのかなぁと危惧していたのですが。このシチュエーションで持って来たんですね〜。先週の第3話でのだめの部屋に桜ちゃんが来たとき、既に“コタツ”が出現しているじゃないかと思って見てはいたのですが。上手くつなげるなぁ。

そしてそして、定期演奏会です。
ここでわたしには疑問がひとつあるんですけど。原作でSオケが定期演奏会で演奏する曲は「ベートーヴェン交響曲第3番 英雄」なのです。しかし、先週ドラマでは同じベートーヴェンですが「交響曲第7番」を練習してましたよね。この違いは気にしなくていいのかな?
原作では「7番」を練習していたんだけどシュトレーゼマンが急に変更して「3番」をやることになるという話の流れです。でもドラマの方は、番組のテーマソングになってるし「7番」で行こうってことなのかな? その辺の意図はわかりませんが、「7番」好きなのでわたし的にはOKです。あっ、また自己中心的でした?!

千秋の初指揮で峰率いるSオケが大活躍したと思われる定期演奏会の撮影の様子が、のだめ公式HPで紹介されています。ご覧になってください♪ 
こちらですnextTopics ♯11 定期演奏会撮影リポート!!
フォトギャラリーも更新されてました♪nextPhoto Gallery vol.9
『のだめカンタービレ』あらすじ | 00:54 | comments(4) | trackbacks(2)
『のだめカンタービレ』第3話あらすじ
「弱小オケ大ピンチ!!愛は貧乏を救えるか」

のだめ(上野樹里)は、練習のために集まっていたSオケの学生たちに、千秋(玉木宏)が指揮者を務める、と告げる。
Sオケは、桃ヶ丘音大に招かれた世界的指揮者、シュトレーゼマン(竹中直人)が、龍太郎(瑛太)たち落ちこぼれ学生ばかりを集めて編成したオーケストラだ。だが、シュトレーゼマンにキスを迫られたのだめが、彼を殴って気絶させてしまったため、練習が始まらない。千秋は、困惑しながらも、オーケストラの指揮するチャンスに胸の高鳴りを覚えていた。
シュトレーゼマンがSオケのために用意した曲は、ベートーヴェンの『交響曲第7番』。千秋は、指揮台に上がると、さっそく練習を始める。しかし、その演奏はあまりにもお粗末で、すぐに指揮を止めてしまう千秋。すると、いつの間にか意識を取り戻していたシュトレーゼマンが千秋を押しのけて指揮台に上がり、見事にオケを鳴らしてしまう。
シュトレーゼマンの力量を目の当たりにした千秋は、改めて指揮科への転科を申し出る。するとシュトレーゼマンは、転科をしなくても弟子にする、と千秋に告げ、ピアノの練習は続けるよう指示する。
あくる日、シュトレーゼマンは、2週間後に迫った定期公演にSオケも出演させることを決め、千秋をSオケの副指揮者に任命する。一方、のだめは、父親の会社が傾いたせいでアルバイトに追われ、練習もままならない状態のコントラバス奏者・桜(サエコ)と知り合う。
(フジテレビHPオンエア情報より引用)



またまた大注目の第3話です!
1・2話とワガママで合コン好きなエロジジィにしか見えなかったミルヒーことシュトレーゼマン(竹中直人さん)がついに本領発揮?! そしてSオケコントラバス奏者・佐久桜(サエコちゃん)の窮地を救うためのだめ(と千秋もムリヤリ)が乗り出すことに・・・

ミルヒーが泡を吹いて倒れていた第2話の最後のシーンが原作を知らない方たちの間で物議をかもしているようですが、あらすじでもわかるようにあれはのだめがぶっ飛ばしました(笑) さすがにキスはしていません!

第3話も見どころ・聴きどころいっぱいの『のだめカンタービレ』に乞うご期待デス!
『のだめカンタービレ』あらすじ | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0)