スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< 『のだめカンタービレ』注目の第2話 | トップ | お待たせしました『のだめカンタービレ』第3話 >>
『のだめカンタービレ』第3話あらすじ
「弱小オケ大ピンチ!!愛は貧乏を救えるか」

のだめ(上野樹里)は、練習のために集まっていたSオケの学生たちに、千秋(玉木宏)が指揮者を務める、と告げる。
Sオケは、桃ヶ丘音大に招かれた世界的指揮者、シュトレーゼマン(竹中直人)が、龍太郎(瑛太)たち落ちこぼれ学生ばかりを集めて編成したオーケストラだ。だが、シュトレーゼマンにキスを迫られたのだめが、彼を殴って気絶させてしまったため、練習が始まらない。千秋は、困惑しながらも、オーケストラの指揮するチャンスに胸の高鳴りを覚えていた。
シュトレーゼマンがSオケのために用意した曲は、ベートーヴェンの『交響曲第7番』。千秋は、指揮台に上がると、さっそく練習を始める。しかし、その演奏はあまりにもお粗末で、すぐに指揮を止めてしまう千秋。すると、いつの間にか意識を取り戻していたシュトレーゼマンが千秋を押しのけて指揮台に上がり、見事にオケを鳴らしてしまう。
シュトレーゼマンの力量を目の当たりにした千秋は、改めて指揮科への転科を申し出る。するとシュトレーゼマンは、転科をしなくても弟子にする、と千秋に告げ、ピアノの練習は続けるよう指示する。
あくる日、シュトレーゼマンは、2週間後に迫った定期公演にSオケも出演させることを決め、千秋をSオケの副指揮者に任命する。一方、のだめは、父親の会社が傾いたせいでアルバイトに追われ、練習もままならない状態のコントラバス奏者・桜(サエコ)と知り合う。
(フジテレビHPオンエア情報より引用)



またまた大注目の第3話です!
1・2話とワガママで合コン好きなエロジジィにしか見えなかったミルヒーことシュトレーゼマン(竹中直人さん)がついに本領発揮?! そしてSオケコントラバス奏者・佐久桜(サエコちゃん)の窮地を救うためのだめ(と千秋もムリヤリ)が乗り出すことに・・・

ミルヒーが泡を吹いて倒れていた第2話の最後のシーンが原作を知らない方たちの間で物議をかもしているようですが、あらすじでもわかるようにあれはのだめがぶっ飛ばしました(笑) さすがにキスはしていません!

第3話も見どころ・聴きどころいっぱいの『のだめカンタービレ』に乞うご期待デス!
『のだめカンタービレ』あらすじ | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:38 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nodameouen.jugem.jp/trackback/21