スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< 『のだめカンタービレ』第5話あらすじ | トップ | 『のだめカンタービレ』第6話の予習☆ >>
学園祭です♪『のだめカンタービレ』第5話
物語がだんだんと進行してきて、登場人物たちの今後に向けてシリアスな場面も増えてきましたが、お茶目でカワイイのだめならではのシーンにもまだまだ注目ですよ♪

朝から仲良さそうなのだめ(上野樹里ちゃん)と千秋(玉木宏くん)です。
のだめが千秋のPCで何かやってます。ロクなことやってないのは確かです。

学園祭が近づいています。峰(瑛太くん)の発案でSオケは“仮装オーケストラ”をやることになりそうです。
原作では千秋の知らないところで企画が進行する“仮装オケ”ですが、ドラマでは参加させられそうになってます。
「だから、何で仮装なんだよ?!]
千秋の疑問をよそに勝手に盛り上がっちゃってます♪
そこに現れ、合コンに行こうと誘うシュトレーゼマン(竹中直人さん)を冷たくあしらうSオケメンバー。
いくら疑わしいからって仮にもマエストロなんだからね、みんな。
「合コンする者、この胸止ま〜れ♪」と千秋をダシに合コン参加者を募るこのシーン、原作そのままですが、ドラマの千秋のうろたえぶりが好きです(笑)

意気揚々と合コンに出かけようとするシュトレーゼマンの携帯が鳴ります。
エリーゼからの着信に怯えるミルヒー、挙動不審すぎませんか? 意味不明のドイツ語?!を発する竹中さん面白すぎです。かなりツボでした(笑)

合コンを無視してのだめに晩ゴハンを作ってあげてる千秋。
ちゃっかり座って待ってるのだめ、なんてうらやましいんでしょう。今日も呪文パスタ料理です。千秋のレパートリーは原作より増えてますね。
「海外ではシュトレーゼマンが日本にいることが話題になっていないのだろうか?」疑問を解決するためPCに向かう千秋ですが・・・
千秋のPCのスクリーンセーバーがのだめ天使になっちゃってます〜。
それを発見し怒り狂う千秋様、のだめの首をマフラーで絞めた上げた挙句毛布でグルグル巻きのお仕置きです。毎回必死の形相でのだめに立ち向かう玉木くん、本気でやってるように見えますよぉ(笑)
原作ではのだめが“みそ字”という自作のフォントを勝手に作ってPCに設定してしまうのですが、ドラマで“みそ字”はわかりにくいですかね?!


一大事です! のだめたちの音大にパトカーが!! シュトレーゼマン捜索隊です。
原作ではヘリコプターを校舎の屋上に乗り付けて登場するんですよぉ、エリーゼとオリバー。見たかったな〜、ヘリ。
シュトレーゼマン強制送還! 
猿ぐつわまで噛まされてて、まるで犯罪者扱いです。違うとも言い切れませんけど(笑) 原作でも同じ扱いですので竹中さんがノリでやっちゃったわけじゃありませんよぉ。
「あんなエロジジィでも教えてもらえることがたくさんあったのに・・・」絶望的な気持ちで見送る千秋です。
 
今日も元気に営業中“裏軒”です♪ 
師匠を失い気落ちする千秋を励ますのだめ・峰・真澄ちゃん。
原作では真澄ちゃんはこのシーンにいませんが、いつの間にかすっかり仲良し4人組になっちゃってますね。この方が自然な感じに見えるようになってきました。千秋と彼を取り巻く3人の関係がドラマではとてもいい雰囲気で描かれていて大好きです☆
そこに再び現れるシュトレーゼマン(鼻血出てますけど) 飛行機から飛び降りたってホントですか!?
おもむろに楽譜を取り出し、千秋に手渡します。
「ラフマニノフ『ピアノ協奏曲第2番』こんな難曲をオレが――!? 何でいまさらピアノ協奏曲なんか!」と千秋。

シュトレーゼマンの差し金で千秋がAオケと共演することになり腹を立てる峰とは逆に
「いいじゃな〜い。千秋様のラフマニノフ。素敵よ♪ロマンチックよ♪絶対に王子様よぉ♪」と小躍りして喜ぶ真澄ちゃん。クネクネ具合がたまらなくラブリーです小出くん♪
千秋不在のSオケ指揮者に立候補した大河内くん(遠藤雄弥くん)がんばってね♪

大学の理事長美奈子(秋吉久美子さん)と何十年ぶりかの再会を喜び合うシュトレーゼマン。そのシュトレーゼマンの様子を見て、美奈子にいいところを見せるための選曲だったのだと思い込んでしまう千秋。

一方、Sオケは仮装オケの準備に余念がありません。
嬉々として自分が着るお姫様ドレスのデザイン画を描く真澄ちゃんです。
のだめたちピアノ科もピアニカで仮装オケに参加することになりました☆

秘書兼マネージャーであるエリーゼ(吉瀬美智子さん)の話からシュトレーゼマンと美奈子の過去そして現在の関係が明らかになります。
「フランツが弟子を採るなんて、そんなのどんなに頼まれたって今まで一度も無かったことなのよ!」
若き日のミルヒー役の外国人の方、ちゃんと第1話で音楽雑誌に載ってるシュトレーゼマンの写真の人ですね。そしてエリーゼ役の吉瀬さん、カラコン・金髪カツラで誰だかわかんなくなっちゃってますが、原作よりかなり美人です☆

「あの子もう見つけてくれたのね」千秋の将来を懸念する美奈子。
「どうにかしなきゃならないのが、もうひとりいマス」とシュトレーゼマン。どうやらのだめのことのようです。
「あのふたり、面白いことになってくれたらとてもウレシイ」
すごく濃いです。竹中さんと秋吉さんのツーショット。ここだけ違うドラマみたいになってます(笑)

お腹を空かせて待ってる飼い猫を心配するような感じ?!
「泣いてるかもな」お茶碗を持って待っているのだめを想像して、まんざらでもなさそうな千秋です。
のだめの方から「寂しいだろうけど当分ひとりでゴハン食べてください。フフッ、ゴメンナサイ」と言われるとたちまち豹変!
駆け寄ってくるのだめを見つけてうれしそうにしてたと思ったのにね。でも千秋様はこうでなくっちゃ。優しいんだか冷たいんだか矛盾してるところがオレ様千秋の魅力なんですよね〜。
「のだめのクセに断りやがって、それはこっちのセリフなんだよ(怒)二度とうちに来るんじゃねぇっ!!」千秋の怒りの鉄拳がのだめの脳天を直撃です。
なんか鈍〜い金属音しませんでした?! のだめの頭、たんコブできてるし。
千秋にグニグニされるのだめの顔CGじゃないですよね?! 樹里ちゃんの顔のお肉ってすごいのね(笑)

原作でものだめと千秋のやり取りが面白くて大好きなシーンですが、ドラマになるとふたりの微妙な力関係が役者さんの表情やセリフの感じに上手く現れていて、さらに面白くなってますね。あと、原作ではここで千秋を振ったのだめを「よーしっ、よくやった!」と峰が褒めるシーンがあるんですけど、それは使われてませんでしたね。結構好きだったんですケド。

シュトレーゼマンの下、練習に励む千秋とAオケ。
「君はこの大学で4年間ピアノを学んできました。その集大成を見せる。その指揮をするのはこのわたしデス。ハンパはわたしが許しまセン!」人が変わったようなシュトレーゼマンの気迫に戸惑いながらも
「確かにこれはすごい経験だ。演奏者としてシュトレーゼマンと共演できる。オレだってハンパは嫌だ!」
部屋に帰ってもひたすら練習に打ち込む千秋でした。
ミルヒーやっとまともな指導です。やっぱり巨匠だったんですね!

学園祭当日。
まだ迷いながら練習を続ける千秋にSオケ公演のチケットを届けるマングースのだめ。
演奏が始まりました。紋付袴、黒留袖姿のSオケ和風ビッグバンドによる『ラプソディ・イン・ブルー』
「おいおい、カッコイイじゃねーか!!」
彼らの演奏を聴き素直に感動する千秋。何かがふっ切れたようです。
「自分を信じてオレらしい演奏をすればいい」「悪いな峰。トリはオレ様なんだよ!」
今回のSオケもすごく楽しそうでしたね。たすき掛けはドラマオリジナルですね。カッコいいですSオケ! コンマス峰くんホント本領発揮って感じでした。瑛太くんの今回のベストシーンですね♪ カッコいい峰でした。
真澄ちゃんのドレス姿にも注目してたのですが、アフロの髪がいつの間にか伸びててそっちの方が気になっちゃいました(笑)
マングースがピアニカ演奏するところが実写で見れて大満足です。ちゃんと最後にコケてくれたしね♪


音楽ライター佐久間学(及川光博さん)を伴って学園祭にやってきた月間クラシックライフ河野女史(畑野ひろ子さん) 目的はもちろんシュトレーゼマン指揮によるAオケと千秋のラフマニノフです。
及川さん来週もお目にかかれるんですね。楽しみです♪

「のだめちゃんは将来何になりタイの?」ミルヒーに訊ねられ
「千秋先輩のお嫁さんをしながら幼稚園の先生するのがイチバンの夢です♪」と言うのだめに「今のままでは千秋とは一緒にいられナイ」と言い、ミルヒーが美奈子からもらった思い出の懐中時計をのだめに託し、去って行きます。どうする!?のだめ!

出番を待つ千秋。
「オレはオレなりの演奏をしますから」千秋の出した結論をお見通しと言わんばかりのシュトレーゼマン。「さあ、楽しい音楽の時間デス♪」
Sオケと千秋の演奏とっても素敵で聴き入ってしまいました〜。
演奏しながら心を通わせる巨匠と弟子の姿にも心を打たれました。途中千秋が涙をこらえるようにピアノを弾いていたのが印象的でした・・・

そしてのだめも忘れていた何かを思い出したようです。

男ふたりの最後のシーン。セリフは原作と同じですが、千秋がシュトレーゼマンと離れがたい気持ちがすごく伝わってきました。巨匠と弟子としての絆がいつの間にか生まれていたんですね・・・ 竹中さん素敵でした☆ 初めて思ったかも(笑)
このとても美しい難曲に挑んだ玉木くん、すごくよかったです〜☆
見ても聴いても美しいラフマニノフ、素晴らしかったです☆ ついでに燕尾服姿も素敵でした☆ 


前半のクライマックスとなる第5話でした。
毎回書きたいポイントがいっぱいありすぎて、まとまってなくてすみません(汗)
ドラマに仕立てるために原作とは場面が前後したり、カットされているエピソードもありますが、ドラマの中に採用されている部分はギャグまでほとんど原作どおりです。それぞれの登場人物にとって重要だと思われるセリフはきちんと使われていますし、原作そのままのものがほとんどです。でも既にドラマのだめにはまっちゃってるのでお気に入りのシーンが見れるというだけで大満足なんですけどね☆

来週からは第2部という感じですね。またまた楽しみです♪
『のだめカンタービレ』感想 | 18:06 | comments(14) | trackbacks(12)
スポンサーサイト
- | 18:06 | - | -
コメント
こんばんは☆
昨日ののだめもおもしろかったですね〜♪
あのコンサートのシーンも鳥肌がたちました☆
あれだけクラシックに聞き入ったことはなかったのに☆
さすが千秋様です(笑)
でも徐々に変顔が減ってるのが残念↓↓
って趣旨かわってきますよね(笑)
のだめが本気になって来週はどうなるのか楽しみです☆
| TOSHI | 2006/11/14 11:35 PM |

おはようございます。
そうなんです始めはストーリー追っ手の感想をしかたんですが、ポイントありすぎて、すべてを書きたいのですが、なかなか難しいですね。

巨匠はやはり巨匠だった!この千秋との関係、最後まで終らないで欲しいです!

しかしマングースが可愛かったのだめです(笑)

>TOSHIさん

こんにちは!
千秋のピアノ素晴らしかったですね☆
わたしも気合入れて見ました!

そうですねぇ、これからギャグの要素はちょっと減っていくかも・・・
ちょっと残念だけど、そうしないとストーリーが進んでいかないので。
そこは、のだめと真澄ちゃんのかわいらしさで補ってもらうということで(笑)

今度はのだめのピアノに期待ですね!
| mewmew | 2006/11/15 9:50 AM |

>タイガーさん

こんにちは、いつもお世話になってます☆

いつも長くなっちゃっててすみません(汗)
わたしのとこはのだめ専門なのでどうしても細かくなってしまって・・・

そうなんですよぉ〜。
原作ではもうちょっと時間を割いて師弟関係が築かれていく感じなのですが、もう離ればなれになってしまうなんて。もっと見たかったですよねぇ。
竹中さん次回からはほんとにもうお出にならないのでしょうか?

今回ののだめは千秋に晩ゴハンを断るシーンがかわいくて好きです☆
| mewmew | 2006/11/15 9:59 AM |

原作だと、一年以上の月日が流れているのにドラマだと一ヶ月だから、“あっという間感”は否めないですよね。来週はくろきんも登場だし、ミッチー王子の佐久間さんも活躍だし、さらに楽しみですね〜。
| pizz. | 2006/11/15 1:42 PM |

Sオケ、Aオケ共に演奏シーンが素晴らしくて
見入ってしまいましたわ〜!
原作でも充分雰囲気は感じられましたが、
やはりドラマで見ると音と動画で、より迫力のあるシーンにっ!!!
佐久間役のミッチー、あまりに適役で(* ̄m ̄)ププッデス♪
| まこ | 2006/11/15 2:47 PM |

こんにちは〜!
原作を知っていて、ドラマを見ていない人から、もうそんなに進んだの?と言われました。
出来事は結構一つ一つ忠実に作られれているんですが、時間の方ぎゅっと凝縮されてますね。

エリーゼ、初め外人の方かと思ってしまいました。
カラーコンタクトまで入れて気合入ってますね。
その割りにミルヒーは・・・^^;。
若い時のミルヒーがちゃんと外人だった所がまた笑えました。

今度はR★Sも登場するんでしょうか。

| さくらこ | 2006/11/15 3:35 PM |

mewmewさん、こんにちは♪
いつもありがとうです〜。
今週も素敵、素晴らしかったです(笑)
原作を読んでいないので
毎回、ためになるのですが(^^ゞ
原作はいつ頃読まれたのですか?
しっかり覚えておられますね〜(*^_^*)

>千秋と彼を取り巻く3人の関係がドラマではとてもいい雰囲気で描かれていて大好きです☆

うんうん♪ワタシも好きです!
千秋の演奏が始まるのに
のだめがいないと心配する真澄がぐ〜でしたね♪
今クールで終わってしまうのも、淋しい〜。。
続編に繋げて欲しいです(^.^)

そうそう「のだめオーケストラ」LIVEは予約済です〜(笑)
| ルル | 2006/11/15 5:02 PM |

>pizz.さん

こんばんは☆
ドラマ当初からミルヒーと千秋の巨匠と弟子としてのカラミがたくさん見れると期待していたもので・・・
駆け足でここまで来てしまったことに関して、その点ではちょっぴり残念に感じています。
竹中さんと玉木くんも『ウォーターボーイズ』以来の共演ですし、原作で面白くて好きなシーンも結構あったので。

ミルヒー竹中さんはかなりお名残り惜しいですが、
新しいキャラクターの登場ですね☆
R☆Sオケのオーボエ黒木くん役が『純情きらり』の福士誠治くんなんですね♪
それからミッチー及川さんも竹中さんのあとを継いで濃いキャラ担当って感じで期待してます☆
| mewmew | 2006/11/16 12:39 AM |

>まこさん

こんばんは〜☆
Sオケ『ラプソディ・イン・ブルー』よかったですね☆
『ベト7』のSオケも好きだけど、こっちも好きだな〜。
和装ビッグバンドはドラマで見るとさらにかっこよかったです♪

ほんと今回のAオケピアノ協奏曲には大満足です☆
あの素敵な曲とそれを弾いている千秋の心の声がシンクロしてとても心に訴えかけるものがありました。
ドラマでこのシーンが見れるなんて、もう幸せ過ぎて何も言うことありません!

ミッチー佐久間氏は原作を超えるでしょうね、きっと(笑)期待大です☆
| mewmew | 2006/11/16 12:56 AM |

>さくらこさん

こんばんは〜。 いつもありがとうございます☆
小姑みたいに(笑)細かいことを言おうとすれば、原作で見たかったシーンはまだまだあったんですけどねぇ。
でも、もうドラマのだめのスタッフさんの実力は実証済みだし、最終回まで計算しつくされた上でのペース配分だと理解することにしました。

原作では“ニナ・ルッツ音楽祭”に集まった学生たちに清良が声をかけてR☆Sオケが始動するんですよね。
だけどドラマはこのエピソードがなかったので来週どのような形でR☆Sオケ発足まで持っていくのかすごく興味があります☆
| mewmew | 2006/11/16 10:42 PM |

>ルルさん

こんばんは〜。こちらこそいつもありがとうございます♪
わたしはあまりいろいろなマンガに詳しくないのですが、その反面気に入った作品に出会うとしつこく読み込む習性がありまして(笑)
のだめドラマ化の一報が伝えられた8月以降はもう何回読み返したことか(ヒマですね・・・)
特にお気に入りの場面のセリフとかは覚えちゃってますかねぇ。でも、ブログを書くときはいつも辞書を引くみたいにして確認したりしてるんですよ(笑)

千秋・のだめ・峰・真澄ちゃんの4人のシーンって毎回もうちょっと長く見てたいな〜って思っちゃうんですよね♪
ルルさんが注目されてる場面(千秋の演奏が始まってるのをのだめに教えに行く真澄ちゃん)は、
原作では、ちゃんと千秋の演奏が始まる前に真澄ちゃんがのだめを連れて来るんですけどね。
ドラマでは演奏が始まっちゃったのでちょっとハラハラしつつも真澄ちゃん優しいな〜と思って見てました。真澄ちゃんも千秋様の演奏を最初から聴きたかっただろうにね♪

ほんとですよね〜。続編とか脇キャラの誰かが主役の番外編なんてあったら、ゼヒ見てみたいです☆

「のだめオーケストラ」LIVEもう完売しちゃってますねー。ウラヤマシイですぅ〜☆
| mewmew | 2006/11/16 11:16 PM |

こんにちは!
原作との対比レビューがナイス!
「みそ字」は出ませんでしたね。
エリーゼたちはヘリで登場しませんでしたね。
でも、両オケの演奏が全てを印象的なものにした!

>毎回書きたいポイントがいっぱいありすぎて

分かる、分かるよ〜。
私も書き過ぎたくらいだけど、まだ書き足らないという(笑)。
それだけオケ演奏を中心に内容が濃かったということですね。
楽しくて心に残る学園祭ストーリーでした!
| ads(あず) | 2006/11/16 11:55 PM |

>ads(あず)さん

こんばんは☆ いつもありがとうございます!
うれしいです♪そう言っていただけて。
原作ファンとしての特色を出そうと思って書き始めたのですが、もう引き返せなくなってます(笑)
ほんとはもうちょっと焦点を絞ってコンパクトにまとめたいのですが、無理っぽいです。

今回わたしも書き足りないんです、実は(笑)
いちばんお気に入りと言ってもいいエピソードだったもので。
でもあんまり長くなるので泣く泣く削ってます。

ブログ書くのにまた頭を悩ませそうですが、来週からもますます楽しみですね♪
| mewmew | 2006/11/17 11:17 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nodameouen.jugem.jp/trackback/28
トラックバック
2006/11/15 2:24 AM
このドラマの影響で、“にわかクラシックファン”が続出しているようです。
あずスタ
トラックバック
2006/11/15 6:14 AM
あの感動のパフォーマンス!Sオケの定期演奏会成功から一週間! 物語もそこから一週間過ぎ去った設定!  学園祭で仮装オーケストラをしたいとのことですが・・・。 本日はダウンタウンのまっちゃんが特別出演との事で、ヘイ!ヘイ!ヘイ!にも番宣で上野樹里ちゃ
レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ
トラックバック
2006/11/15 8:21 AM
原作を読んで一番演奏を聴いてみたいと思っていた、ピアニカ版「ラプソディ・イン・ブルー」が聴けて大満足です(マングースの着ぐるみと、紋付袴でのSオケもよかった!)
伊達でございます!
トラックバック
2006/11/15 8:23 AM
桃ヶ丘音楽大学ではまもなく学園祭が行われる。 そこでSオケは仮装で伝説のオーケストラをすることになった。 千秋はシュトレーゼマンが指揮のAオケで、ピアノの競演を命じられる。 千秋という指揮者がいなくなってしまったSオケ。 変わりに名乗り出たのが、 「・・
つれづれ さくら日和
トラックバック
2006/11/15 1:30 PM
4話までのハイテンポのギャグは落ち着いて、爆笑シーンは減った。後半ラフマニノフピアのコンチェルトシーン辺りから一気にシリアスモード突入。 竹中直人のシュトレーゼマンにも何の違和感も感じなくなってきた。むしろ、竹中さんのシリアス演技にうるっとしたり。
はなせんの本音ぶちまけ日記
トラックバック
2006/11/15 2:41 PM
はうう…{/heart_pink/}千秋サマしゅてきデス{/onpu/} (ノ´∀`*)ぽっ 色気出したり、悶えたりしなくても充分魅力的〜{/3hearts/}鼻血ブーの高木ブーデス! シュトレーゼマン指揮のAオケと千秋サマのピアノ共演、聞き応えがありました〜{/hakushu/} 燃え尽きた後の師
あるがまま・・・
トラックバック
2006/11/15 3:55 PM
のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)オムニバス(クラシック) (2007/01/01)ソニーミュージックエンタテインメントこの商品の詳細を見る
ドラ☆カフェ
トラックバック
2006/11/15 11:04 PM
パソ\コンと雨とのだめ。うわ、のだめのカ
kasumidokiの日記
トラックバック
2006/11/16 4:47 PM
「のだめカンタービレ」 ∬official site∬ Lesson 5・「さよなら巨匠!恋の学園祭オケ対決!! 」(視聴率19.9%、平均視聴率18.18%)のだめ事、野田恵(上野樹里)の隠れた才能みっけ!パソコンもピアノと変わらないってか?のだめの”スキですスクリーン
のらさんのうだうだ日和
トラックバック
2006/11/21 1:17 AM
遠藤雄弥 の案内専門サイトです
遠藤雄弥
トラックバック
2006/11/27 9:49 PM
愛知小型エレベーターCM動画。とにかく素人仮装って所が面白いっす。なぜ?運転手なんだろうwww全国には、まだ見ぬオモシロCMあるなぁ^^
どーでも動画【youtube】
トラックバック
2008/09/30 7:47 PM
良質なのに格安な和服着物レンタルのことならお任せください
和服着物レンタル全国情報センター